OWNERS BROG

2018 / 11 / 16  21:11

トリートメントをしているのになぜ髪が傷むのか?

皆さんこんにちは(^^)

 

今日は髪のダメージについてです。

 

髪はなぜ傷むのか?

 

色々な原因がありますが、実は美容室で髪を傷めていることもあります。

 

トリートメントしてるから大丈夫だろうと思っている方も多いと思いますが、そのトリートメントがダメージの原因にもなっている場合があります。

 

なぜかと言いますと、ふつうに美容室でパーマやカラーをします。

 

そしてその後にトリートメントをします。

 

そうすることによって、ダメージの原因となる物質も一緒にトリートメントでコーティングしてしまっています。

 

当店では、カラーやパーマの施術後に、ダメージの原因となる残留物質を無毒化してから、トリートメントをしていきます。

 

そうすることによって、トリートメントのみが髪に定着していきます。

 

本当に髪のことを考えている美容室であればそういった行程をちゃんとしているのですが、実はしていない美容室が多々あります。

 

それなので、トリートメントをしているのに髪が傷むと感じるわけです。

 

薬剤の残留物質を無毒化するかしないかのひと手間で、いくらトリートメントをしても薬剤が髪に残留したままになってしまうので、長期的にみて、髪の状態が悪くなる一方で

す。

 

他にもダメージの原因はありますが、当店で出来ることとして、美容師である以上、責任をもって一人ひとりの髪をキレイにしていきたいと考えております。

 

 

安心して、カラーやパーマをお楽しみください(^^)